【DaVinci Resolve】色鉛筆スケッチ風動画の作り方

こんにちは,masART STUDIOのカワグチです。今回は Blackmagic Design 社の DaVinci Resolve を使用して,色鉛筆スケッチ風動画の作成方法をご紹介します。



今回ご紹介する Tips は,観光案内や旅動画,Vlog などのアクセントとして使用できるかと思います。今回の Blog も解説動画に沿った内容となっていますので,ぜひ最後までご覧ください。

タイムラインの構成

タイムラインの構成

今回の動画は 1 つの Fusion クリップで構成されています。シンプルな構成ですね。それでは, Fusion Clip の作成から各ツール(ノード)の設定について解説いたします。

素材の配置

素材の配置

タイムラインの「ビデオ1」トラックに動画素材,「ビデオ2」トラックに鉛筆で塗りつぶした画像を配置します。「ビデオ2」トラックの画像は,「ビデオ1」トラックの動画の尺に合わせてください。

鉛筆で塗りつぶした画像は実際に鉛筆で塗りつぶしたものをスキャンしても良いのですが,今回は Adobe Fresco の鉛筆ブラシで作成しました。素材置き場にファイルを準備しておりますので,よろしければご使用ください。

Fusion クリップの作成

Fusion クリップの作成

「ビデオ2」トラックの画像と,「ビデオ1」トラックの動画を選択した状態で右クリックして,コンテキストメニューから「新規 Fusionクリップ」を選択します。

 Fusionページで開く

作成された Fusion クリップを右クリックします。コンテキストメニューから「 Fusionページで開く」を選択して,Fusion ページに移動します。

Fusion ページ

Arrange Tools (to Grid)

Fusion ページに移動したら,ノードエディタを右クリックして「 Arrange Tools 」内の「 to Grid 」にチェックを入れると,各ツールがグリッドに吸着するため,見た目がきれいになるのでおすすめです。

MediaInの名称変更

後ででわかりやすいように,ノードエディタの左端にある「 MediaIn1 」を「 TrainWindow 」に,「 MediaIn2 」を「 Pencil 」と名称変更しておきます。

「 Merge1 」の設定

「 Merge1 」 の設定をおこないます。インスペクタの 「 Apply Mode 」を「 Screen 」に設定します。「 Screen 」に設定することでルミナンスキーのように黒い部分が透過します。

「エッジ検出」ツールと「カラーの反転」ツールを設置

「 TrainWindow 」 と「 Merge1 」 の間に,「エッジ検出」ツールと「カラーの反転」ツールを設置します。[ shift ] + [スペース] を押下するとツール検索の画面が表示されますので,「エッジ検出」および「カラーの反転」と入力してください。

「エッジ検出」の設定

「エッジ検出」のインスペクタを開き,モードを「RGBエッジ」から「グレースケールエッジ」に変更します。「スムース」や「明るさ」,「ノイズ除去の強度」は動画素材にあわせて変更してください。「カラーの反転」は初期値のままとします。

「 Transform 」の設置

続きまして「 Pencil 」と「 Merge1 」 の間に「 Transform 」を設置します。

「 Transform1 」の設定

「 Transform1 」のインスペクタを開き,「 Size 」を「 0.5 」に設定します。「 Angle 」を右クリックして,コンテキストメニューから「 Expression 」を選択します。式を入力する欄が表示されますので「 math.random(360) 」と入力します。Edges は「 Mirror 」を選択してください。

「 Merge 」ツールを 2 つ追加

次に「 Merge 」ツールを 2 つ追加します。

「 TrainWindow 」および「 Transform1 」を「 Merge2 」に接続

「 TrainWindow 」および「 Transform1 」を「 Merge2 」に接続します。「 TrainWindow 」は Background 側(黄)に,「 Transform1 」は Foreground 側(緑)に接続してください。

Apply Mode  を「 Screen 」に変更

「 Merge2 」のインスペクタを開き,Apply Mode を「 Screen 」に変更します。

「 MediaOut1 」を「 Merge1 」から切断して,「 Merge3 」に接続

「 MediaOut1 」を「 Merge1 」から切断して,「 Merge3 」に接続しなおします。

「 Merge1 」と「 Merge2 」を,「 Merge3 」に接続

「 Merge1 」と「 Merge2 」を,「 Merge3 」に接続します。「 Merge2 」を Background 側(黄)に,「 Merge1」を Foreground 側(緑)に接続してください。

「 Merge3 」の設定

「 Merge3 」のインスペクタを開き,Apply Mode を「 Luminosity 」(輝度),に変更します。「 Blend 」はお好みに応じて設定してください。

カラーページ

カラーページ(プライマリバランスの調整)

最後にカラーのページに移動して,プライマリバランスを調整します。素材によって異なりますが,ここでは「ガンマ」を「 -0.34 」に,ゲインを「 1.01 」,オフセットを「21.00」としておきます。

仕上がりの確認

エディットページ(仕上がりの確認)

それではエディットページに戻って再生してみましょう。[スペース]キーで再生と停止ができます。更に,作り込みたい場合は,Fusion ページの「エッジ検出」や「 Transform 」の設定を変更してみるといいでしょう。

以上が色鉛筆スケッチ風動画の作成方法のご紹介でした。最後までご覧頂きありがとうございます。