アオリ補正で欠けた部分は「コンじる」で解決


こんにちは,masART STUDIOのカワグチです。

写真の歪みや傾きは,Adobe Lightroom(アドビ ライトルーム)のジオメトリで簡単に修正することができます(参照)。ジオメトリとは,写真の幾何学遠近法の調整を行う機能ですが,被写体の傾きによって写真の一部が大きく欠けることがあります。

欠けた部分はどうしましょう。Lightroomの修正ブラシで,コツコツと修復すこともできますが,根気のいる作業で結構時間がかかります。そこで,塗り潰したい範囲を選択するだけで,欠けた部分を補正できる,Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)の,「コンテンツに応じた塗りつぶし」を使ってみたいと思います。

広告

「コンテンツに応じた塗りつぶし」とは

「コンテンツに応じる」機能のひとつで,一部では総称して「コンじる」と呼ばれています。とん汁みたいで美味しそうですね。「コンじる」には「コンテンツに応じて拡大・縮小」や「コンテンツに応じた移動ツール」などがあり,いずれも元のコンテンツに影響ができないように,写真を変更・修正できます。まさに,美味しい機能です。

Adobe MAX 2018にて,強化さた「コンテンツに応じた塗りつぶし」が発表されました。期待の新機能です。しかし,慣れていない機能を使うのは怖いため,今回はあえて従来の「コンテンツに応じた塗りつぶし」を使用します。


Lightroomで歪みの補正

鳳凰閣 : 大田区の洗足池東岸に位置する国登録文化財。大正末から昭和のはじめにかけて,設計・施工されてた古い建物(参照)。現在は勝海舟記念館として整備中。

上の写真は,ローアングル(地面から近い位置)で撮影したたため,建物が上すぼまりに写っています。はじめに,Lightroomのジオメトリ機能を使って,建物の歪みを修正します。

左右の外壁と屋根,窓枠にガイドを引き歪みと傾きを修正したところです。建物の垂直線が平行になりましたが,写真の左端と右端の下側が大きく欠けてしまいました。

欠けた部分を補完するために,Photoshopに移動します。編集したい写真を選択して,「contorol」を押しながらマウスでクリックするとメニューが表示します。表示したメニューから「Photoshopで編集…」を選ぶとPhotoshopが起動します。


Photoshopで欠けた部分を補完する

透明部分を選択する

Photoshopが起動したら,ツールバーより「自動選択ツール」を選択して,塗りつぶしたい場所(透明部分)をクリックします。

塗りつぶしたい部分が選択できたた,アプリケーションメニューより[選択範囲] > [選択範囲を変更] > [拡張…]へ進み,選択範囲を1ピクセル拡張します。

「コンテンツに応じた塗りつぶし」を利用する

「shift」+「F5」キーを押下するか,アプリケーションメニューから[編集] > [塗りつぶし…]を選択します。

表示された「塗りつぶし」画面の内容で「コンテンツに応じる」を選択して,「OK」をクリックします。

あら不思議。欠けていた部分がみごとに補完されました。

画面の左側も同様に,欠けた部分を補完します。よく見ると不自然でおかしなところもありますが,お手軽に修正できるため試してみてください。写真展に出品したり,クライアントに納品するするなど品質を求めるには,もう少し手間をかける必要ありそうですが,個人のブログやSNSで使用する分には問題ないかと思います。

– 注意 – 選択範囲の拡張を忘れずに!

欠損した部分を選択する際は,選択範囲の拡張を忘れずに行いましょう。選択範囲の拡張を忘れると,塗りつぶた部分と元画像の間にわずかな隙間ができてしまいます。


お疲れさまでした。今回は,アオリ補正で欠落した部分を,Photoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」を使用して補完してみました。

最後までご高覧いただきましてありがとうございました。


広告