こんにちは,masART STUDIOのカワグチです。

皆さま,iPhoneを左右に振りながら動画を撮影したり,下から上に見上げるように動画撮影したとき,突然ピントが大きく外れたりピントが合ったりを繰り返した経験はありませんか。これは,被写体の角度や位置が変わったときに,iPhoneが一生懸命ピントを合わせようとした結果です。

自働的にピントを追ってくれるのは便利な機能ですが,絶えずピントを合わせを繰り返すため,場合によってはムニュムニュとした気持悪い動画になってしまいます。今回はこの問題を解決する方法を探っていきます。

広告


AEロックとAFロック

一眼レフカメラや,一部のコンパクトカメラには,シャッターボタンを半押しすると露出やピントを固定する機能があります。「AEロック」「フォーカスロック(AFロック)」と呼ばれている機能です。この機能を使用することで,画面の中央で露出とピントを固定してから,ゆっくりと構図を決めることができます。「AE」と「AF」を日本語にすると,AE(Automatic Exposure)は自働露出,AF(Autofocus)は自働焦点になります。こんにちでは「自働露出」や「自働焦点」よりも,「AE」や「AF」の方が一般的ですね。

AFをロックすると,絶えずピントを合わせを繰り返すことがなくなります。ムニュムニュした映像が気になる場合は,AFをロックすることで映像の向上に期待できそうです。同様に,明るくなったり暗くなったりを繰り返す場合は,AEをロックしてみましょう。

iPhoneでもできるAE/AFロック

「AEロック」「AFロック」の機能は,iPhone7のカメラでも使用することが出来ます。もちろん,iOS版のAdobe Premiere Rushのカメラ機能(動画撮影)でも使用できます。

Rushのカメラを起動します。画面の右側の「自働」と「プロ」のスイッチがありますので,「プロ」を選択してください。画面中央にある丸が露出,四角がピントです。この丸や四角が白い場合,ロックが解除された状態です。双方ともタップするこでロックされます。ロックされると白から青に変わり,錠マークが表示されるので一目瞭然です。もう一度タップするとロックが解除されます。

AE/AFロックで撮影

以下に,AE/AFをロックをしていない場合と,ロックした場合の2本のサンプル映像を用意しました。iPhone7にとっては,敢えてピントを合わせを繰り返すような,少し意地悪な条件で撮影しています。そのため,ロックを解除した映像の質は大きく損なっていますが,通常の撮影ではここまで酷くはならないかと思います。

AE/AF Unlock

AE/AF Lock


サンプル映像では,AE/AFをロックした方が良好な結果となっていますが,必ずしもロックすることが良いとは限りません。比較的新しいiPhoneであれば,本体の処理能力やカメラの性能が向上しているため,条件の悪い場所でも露出やピントを迷うことなく,気持ちのいい映像が撮れる可能性はあります。

時間とメモリに余裕があれば,「AE/AFのロックを解除した映像」「近景に露出・ピントを合わせた映像」「遠景に露出・ピントを合わせた映像」など,複数の映像を撮影しておくと,編集時に幸せになるかもしれません。

以上,Premiere Rushのカメラ機能にてAE/AFをロックする方法と,ロックをしていない場合とロックした場合のサンプル映像でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。


広告