MS-IMEの切り替えを,Mac OSの「日本語IM」風に変更してみた

Windows標準の日本語入力システム「Microsoft IME(MS-IME)」のON/OFFを切り替えるには,初期状態では [alt (option)] + [~] となっております。慣れの問題かもしれませんが, [alt (option)]キーと [~]キーが離れているため,使いにくいと感じるMacユーザーも多いのではないでしょうか。MS-IMEのON/OFFをMac OSの「日本語IM」や「かわせみ」の様に,[control] + [Space] に割り当てることが出来ればストレスなく日本語入力と英数入力の切り替えを行うことが期待できます。そこで,今回はMS-IMEのON/OFFをMac OS風に割り当てる方法をご紹介いたします。

広告


MS-IMEの詳細設定

MS-IMEのON/OFFのショートカットキー(キーボード・ショートカット)は,[Microsoft IMEの詳細設定] で設定と変更を行うことができます。

[Microsoft IMEの詳細設定] を開くにはタスクバーの右側にある,「あ」や「A」と表示されるアイコンを右クリックします。表示されたメニューから,プロパティーを選択します。
[Microsoft IMEの設定]画面が開きますので,[詳細設定] ボタンを押下します。
[Microsoft IMEの詳細設定]画面に遷移したら,「編集操作」セクションの「キー設定」右横にある [変更] ボタンを押下して [設定] 画面を開きます。

キー設定の変更

[設定] 画面が開いたら, [キー設定] タブ内にあるキー設定の一覧から,MS-IMEのON/OFFのショートカットキーとして使用したいキーの組み合わせ( [control] キーと [Space] キーの組み合わせ)を割り当てます。

[設定] 画面の [キー設定] タブ内にある「キー」と機能の一覧から,「Ctrl+SPACE」列の [入力/変換済み文字なし] を選択して [変更] ボタンを押下します。
[機能選択] 画面に遷移したら,「IME-オン/オフ」を選択して [OK] ボタンを押下いたします。
同様に「Ctrl+SPACE」列の [入力文字のみ] [変換済み] [候補一覧表示中] [文節中変更中] [変換済み文節内文字入力中] も,それぞれ選択して [変更] ボタンを押下し,[機能選択] 画面に遷移したら「-」を選択して [OK] ボタンを押下いたします。

これで快適!

少し面倒な手順を踏みましたが,これでMS-IMEのON/OFFの切り替えを [control] + [Space] キーに割り当てることが出来ました。筆者が試してみたところ,スムーズに日本語入力と英数入力の切り替えを行えるようになりました。やむなく,Windowsを使用しているMacユーザの諸兄姉におかれましては,検討してみる価値はあるかと思います。是非,ご検討ください。

最後までご覧頂きありがとうございました。

広告